大型ベビー用品どうする?(チャイルドシート編)

こんにちは、ママです

今回は、チャイルドシートについてお話をしていきたいと思います

チャイルドシートとは

車で移動する際に、シートベルトを正しく着用できない子供の補佐として使います

チャイルドシートの使用義務があり、6歳未満(5歳まで)の幼児が対象になります

チャイルドシートは車での移動が考えられる方にはご購入をおすすめします!

出産し、退院する際に車を使う方は必ず必要になりますので、出産前に準備しておくのがいいと思います

では、種類についてお話していきます

チャイルドシートの種類

簡単に説明しますと、大きく分けて3つあります

  1. ベビーシート(乳幼児)
  2. チャイルドシート(幼児用)
  3. ジュニアシート(学童用)

1ベビーシート

新生児から1歳ごろまでを対象のシートになります

腰が据わるまでが使用時期目安になります

ベビーシートは車の進行方向に対して後ろ向きで使用します

2チャイルドシート

1歳から4歳ごろまでが対象になります

チャイルドシートは車の進行方向に対して前向きで使用します

3ジュニアシート

4歳から10歳ごろまでが対象になります

使用義務では6歳未満(5歳まで)ですが、子供が座席ベルトを正しく使用できるまではチャイルドシートをおすすめします

見た目は座椅子みたいな感じです

また商品によりますが、ベビーシート兼チャイルドシートのものあります

兼用の方が長く使用できるため、ママは一番おすすめかと思います!

ママが実際に購入したチャイルドシート

ママが実際に購入したチャイルドシートをご紹介します

「Combi ウィゴーエッグショックLH」です!!

「出典:Combi」ベビー用品のコンビ株式会社 (combi.co.jp)

ママが選んだ理由としては、「新生児から4歳頃まで使用可能」(ベビーシートとチャイルドシート兼用タイプ)「エッグショック搭載」「幅広で赤ちゃんを車に乗せやすそう」が選んだ理由になります

幅広でと聞くと、「車の中に圧迫感が」とかきになりますよね…

正直にお話しすると、どの商品もつけたら圧迫感はかなり出るのかなと思いました。

友人が使用しているチャイルドシートはどちらかというと幅広ではなく、実際に1歳の子を乗せたときに狭く感じ、印象は乗せにくいでした…そこでママはチャイルドシートはデザインで可愛いものもいいけど幅広のタイプの商品にしようと思いました!!

またこのチャイルドシートはその他にも「エアスルーシート」「インナークッション」「日本製」等色々といいとこあります!

詳しくは「Combi 公式ホームページでご確認ください」

まとめ

いかがでしたか?

チャイルドシートもある程度はネットでこれが良さそうとか目星をつけて実際に、店舗で確認した方がいいかと思います!

大型ベビー用品は長く使用するものが多いので悩んでるみなさん、ぜひお気に入りの商品に巡りあえますように

ママより

コメント

タイトルとURLをコピーしました