妊婦検診の内容・費用は?

妊娠のお話

こんにちは、ママです

今回は妊婦検診の内容・費用についてお話していきたいと思います

またママが通っている病院の話もしていきたいと思いますので是非、参考までに読んでください!

妊婦検診とは?

まずは妊婦検診についてお話ししていきたいと思います

妊婦検診はお腹のあかちゃんが順調に育っているかや母体に問題がないかなどを診る検診になります

妊娠中はなにが起こるか分かりませんのできちんと受けるようにしてください

妊婦検診頻度

一般的には

妊娠初期から24週までは1ヶ月に1回

25週から36週までは2週間に1回

37週から出産までは1週間に1回になります

ママは妊娠検査薬で陽性確認後、産婦人科へ 初回費用は8,000円程度でした

そこから胎嚢確認・心拍確認・母子手帳交付までの間の費用は3,000円程度でした

病院によって違いはありますが、ママが通っていた病院は母子手帳をもらうまで毎週通っていました(4週から9週まで)

初めての妊婦検診はママの場合は12週からでしたので12週から24週までは月に1回という頻度で検診を受けました

その後も先ほど記載した一般的な流れで検診を受けています

妊婦検診時期ごとの内容

妊娠期間を大きく分けると3つになります

妊娠初期(0週から15週まで)

妊娠中記(16週から27週まで)

妊娠後期(28週から40週まで)

となります

また0週から3週までを妊娠超初期と呼ぶこともあります

妊娠初期・中期・後期には大きい検査があります

妊娠初期(10週から12週ごろの間に行います)

検査内容は

血液一般・梅毒血清反応・HBs抗原・風疹抗体・不規則抗体・甲状腺機能・血液型・HCV・トキソプラズマ・血糖検査・細胞診検査(子宮頸がん)・クラミジア抗原検査になります

検査の仕方は採血・内診台での粘膜採取になります

費用は助成券を使っても8,000円程かかりました

妊娠中期(24週から28週ごろの間に行います)

検査内容は血糖値や貧血検査を検査します

検査方法は採血になります

費用は助成券を使って3,000円程かかりました

妊娠後期(35週から37週ごろの間に行われます)

検査内容は膣分泌細菌検査・貧血検査・凝固系検査になります

検査方法は採血と内診台に乗っての検査になります

費用は12,000円程かかりました

ママは現在36週になりますのでそれ以降に大きい検査があれば追加でまた書いていきたいと思います

妊婦検診で毎回行うこと

妊婦検診で必ずやることは

母体の問診・血圧測定・尿検査・エコーで赤ちゃんの成長の確認になります

病院によりますがママは12週から腹部エコーで赤ちゃんの様子を診てもらいました

それまでは赤ちゃんが小さい為経腟エコーで赤ちゃんの様子を診てもらいました

検診時のおすすめの服装

経腟エコーの場合

ボトムス、スカート、ワンピースどれでもいいかと思います!

(秋冬はタイツやレギンスだと脱いで履いてが面倒くさいのでボトムスがおすすめです)

腹部エコーの場合

ワンピースは控えた方がいいと思います

病院によって違いがありますが、脚バスタオルがかけられますが、かけられないところもあります

バスタオルがない場合下着が丸見えになる為控えた方がいいと思われます

また腹帯(さらしやささえ帯)を直す際にワンピースだとしたから捲り上げて直すのでボトムスかボトムスがおススメです!

ママは基本検診時はボトムスで行ってました

最後に

初めての妊婦検診だとどんな検診があるのか・どういうことをするのか・費用はいくらくらいかかるのかと色々気になりますよね

病院によって差はあるとは思いますが参考にしてみてください

ママより

コメント

タイトルとURLをコピーしました