抱っこ紐なに選んだ?

妊娠のお話

こんにちは、ママです

大型ベビー用品を買うくらい色々種類があり悩む抱っこ紐…ママもかなり悩みました!

そんなママが実際に購入した、抱っこ紐の説明とご紹介をしたいと思います

また実際に何個か試着したのでそちらの紹介もしていきたいと思います!(キャリータイプのご紹介になります)

抱っこ紐とは

赤ちゃんが生まれたら沢山抱っこすると思います

その時にママの身体の負担を軽くしてくれるのが抱っこ紐です

抱っこ紐はなくてもいいという方もいると思いますが使わない場合腱鞘炎になったり腰や背中に負担がかかり痛めたり…なんてことも…

また家事をする時やお出かけの際にも活躍してくれる赤ちゃんお世話グッツになります!

抱っこ紐の種類

「抱っこ紐」と言っても大きく分けて2つの種類があります

  1. ベビーキャリータイプ
  2. スリングタイプ

ベビーキャリータイプ

わかりやすくいうとリュックサックを背負っているようなタイプになります

見た目は赤ちゃんをガッチリ保護されているような見た目になります

機能は対面抱き・前向き抱き・おんぶ・横向き抱き、様々な抱き方ができるタイプです

赤ちゃんをしっかり固定して、ママの肩と腰で赤ちゃんを支えるので体の負担を軽減し疲れにくくなっています

また新生児からも使用できるタイプもあります

スリングタイプ

斜めにかけた布の中に赤ちゃんを入れて包み込むように抱っこするタイプになります

ベリーキャリータイプと比較するとかさばらず、手軽に使えます

ですが手を添える必要があるので、両手を使いたいときは不向きになります

お母さんによってはこの2つのタイプを購入し、使い分けしている方もいるそうです!

ママが実際に購入した抱っこ紐・迷った抱っこ紐・着け心地の感想

ママが実際に購入した抱っこ紐のご紹介をしていきたいと思います

ママが購入した抱っこ紐の種類はキャリータイプ

BABYBJORN ベビーキャリア ONE KAI です!

「出典:BABYBJORN」【公式】BabyBjorn – ベビービョルン オフィシャルウェブサイト

使用時期は新生児から約3歳までとなっています

対面抱っこ・前向き抱っこ・おんぶができるタイプになります

ウェストベルトやショルダーベルトにクッション性があり長時間抱っこするときに体の負担を減らしてくれます

ママが感じたメリット・デメリット

メリット

新生児から使用できる

着脱がものすごく簡単(不器用な方に向いているかも!)

後ろにバックルがないため悪戯でバックルを外されるという心配がない

キャリータイプの中でもスタイリッシュなデザインでゴツく見えない

デメリット

おんぶの時の仕方がめんどくさい(最初のうちは不安なため補佐が必要かも…)

肩の調整をしっかりしないと赤ちゃんがすごくぶら下がっているように感じ危ない気がする

後ろにバックルがないため、抱っこ紐の内側に安全ベルトがない

迷った抱っこ紐

ergobaby OMNI360です

エルゴベビー OMNI(オムニ) 360クールエア/シャンブレー【DADWAY限定カラー】 シャンブレー

「出典:DADWAY」ベビー用品・ベビーグッズ・赤ちゃん用品の通販 | ダッドウェイオンラインショップ (dadway-onlineshop.com)

抱っこ紐というと「エルゴ」のイメージが強いですよね!

抱っこ紐と検索すると上位に出てくるくらいの人気ブランド!!

使用時期は新生児から約4歳まで

涼しく、軽く、乾きやすいメッシュ製

対面抱っこ・前向き抱っこ・おんぶができるタイプになります

ママが感じたメリット・デメリット

メリット

赤ちゃんの成長にあわせて形を変えられるためどの対象時期でも快適

後ろにバックルがあるため抱っこ紐の内側に安全ベルトがあり悪戯対策ばっちり

クッションが分厚くしっかりと赤ちゃんを保護している感じがある

腰がしっかり保護されていて体の負担が少なそう

デメリット

慣れるまで装着がめんどくさい

着け心地はしっかりしているがガッチリし過ぎて動きにくそう

ママはぽっちゃり系なのでつけるとガタイがよく見えてかっこ悪い…(笑)せっかくなら少しでもスタイリッシュに…

最後に

いかがでしたか?

あくまでママ個人の感想になるので人によっては感じ方、着け心地が変わると思います!

気になっている抱っこ紐が複数ある場合はお店に行って一通り試着してみてください

きっとあなたにぴったりな抱っこ紐がみつかります!

ママより

コメント

タイトルとURLをコピーしました